]

Windows 8 の発売日決定+Win 8 まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 ■Windows 8 関連

概要

待望の Windows 8 発売日が 2012年 10月 26日(金)に決定しました!

また、8月の 1週目には Windows 8 の RTM(Release To Manufacturing=大量製造工程・商品化工程に入ったバージョン)が発表になります。

そこで、Windows 8 の情報を軽くまとめてみたいと思います。

対象製品

Windows 8


sponsored link


詳細

Windows 8 のエディション

Windows 8 には、これまで Windows で発売されてきた通常の PC 用の 3つに加え、タブレット PC 用のエディションが提供されます。

———————————————
◆通常の PC 用のエディション
従来から利用されている x86 アーキテクチャの CPU(Intel や AMD 系の CPU)用のエディション
(32bit と 64bit 版あり)

・Windows 8(消費者向け)
・Windows 8 Pro(ビジネス向け)
・Windows 8 Enterprise(ボリュームライセンス用)

◆タブレット用 PC のエディション
タブレット PC や携帯電話、ゲーム機等で利用されている ARM アーキテクチャの CPU(NVIDIA Tegra や Samsung Exynos 等 消費電力が低いのが特徴)用のエディション
(ビットの違いはない)

・Windows RT
———————————————

Windows RT は一般的にタブレット用と呼ばれていますが、モバイル系用として開発されている Intel の Atom などが搭載されるタブレット PC には、x86 系 CPU 用のエディションが利用できます。要するにタブレットPC かどうか、というよりは CPU の違いにより利用できるエディションが異なるということです。

また、ARM 用のエディションは x86 系のアプリとは互換性がなく、その性質上から Android と同様、プリインストールで、アップグレードやダウングレードはWeb経由でしか行えないと思われます。


Windows 8 のシステム要件

Windows 8 のシステム要件は、ほぼ Windows 7 と同様です。Windows 7 が動くのなら利用できると考えていいでしょう。

CPU:1.0 GHz 以上
メモリー:1 GB 以上(32 bit)/ 2 GB 以上(64 bit)
グラフィック:WDDM 1.0 以上の対応ドライバが提供されている DirectX 9.0 以上の GPU
HDD 空き容量 :16 GB 以上(32 bit)/ 20 GB 以上(64 bit)


下位バージョンからのアップグレード

Windows XP / Vista / 7 から Windows 8 Pro へのアップグレードは、2013年 1月 末日まで ダウンロード版では 39.99ドル(約 3,200円)、パッケージ版では 69.99ドル(約 5,500円)で購入できる予定です。

また、アップグレード時には、バージョンにより以下のように内容を保持したままアップグレードできます。

———————————————
Windows 7(Starterを除く):ファイル・設定・ソフトウェア
Windows Vista(SP1 以降):ファイル・設定
Windows XP(SP3 以降):ファイルのみ
———————————————

正直言うと通常のデスクトップを利用しているユーザが、Windows XP~7 から 8 へアップグレードすることは、使い勝手等から考えても当面はあまりなさそうですね。

特にビジネス用途では可能性は低そうですので、それゆえにアップグレードの価格はかなり低めに抑えられているようです。


Surface for Windows RT

先日発表された Microsoft のタブレットである Surface ですが、Windos RT がインストールされた Surface for Windows RT が、Windows 8 の発売日と同じ 2012年 10月 26日(金)に発売される見込みのようです。

Windows RT には 次期 Office がインストールされますが、インストールされる Office は日本ではこれまで未発売だった Home and Students というエディションのようで、Word / Excel / PowerPoint / OneNote が含まれており、Outlook は含まれていません。

この次期 Office は先日カスタマープレビュー版が発表された、そのプレビュー版がそのままインストールされるようです。RT 用の次期 Office もまだ先のようですね。

これまでも、Office 製品はプレビュー版が出てから半年くらいたってから製品版が発売されています。

x86 版用の 次期 Office は、x86 用の Surface がその 3か月後くらいに発売になるようなので、こちらと同時発売になるのでしょうか。だとしたら、年末から来年頭にかけて、という感じになりそうですね。

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Windows 8 で Outlook / Excel / Word をセーフモードで起動する方法

概要 Windows 8 はスタートボタンがないなど、従来の Windows OS とは UI

記事を読む

よくわかる!受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)の実行方法<Windows 8 編>

概要 Outlook を使用していると、さまざまな原因でメールデータなどを格納しているデータファイ

記事を読む

Windows 8 で アプリケーション(Outlook / Excel / Word 等)のショートカットを作る方法

概要 Windows 8 はスタートボタンがないなど、従来の Windows OS とは UI

記事を読む

Windows 8 で Outlook のプロファイルを作成する方法

概要 まもなく Windows 8 が発売されます。 Windows 8 はスタートボタンが

記事を読む

PAGE TOP ↑