]

Windows 8 で Outlook / Excel / Word をセーフモードで起動する方法

公開日: : 最終更新日:2015/04/26 ■Windows 8 関連 , ,

概要

Windows 8 はスタートボタンがないなど、従来の Windows OS とは UI(ユーザーインターフェース)がかなり異なることから、はじめは操作に手間取るかもしれません。

Windows 8 では従来のスタートメニューがないため、簡単に Outlook などの Office 製品をセーフモードで起動する方法がないようです。

また、スタート(Modern UI)のメニューからも セーフモードでは起動できません。(うまくタイミングを合わせれば、起動できるという面白い裏ワザはありますが、再現性に乏しいです)

今回は、Windows 8 で Outlook や Excel、Word 等の Office 製品をセーフモードで起動する方法を紹介します。


対象製品

Windows 8 + ほぼすべての Outlook のバージョン


sponsored link


Modern UI からの起動を試す

従来の OS では、Ctrl キーを押しながら Outlook のアイコンをクリックすることで、セーフモードの起動が可能でした。

そのため、Modern UI の画面から同様にセーフモードの起動ができないか確認するため、Ctrl キーを押したり、Alt や Shift キーなどいろいろ組み合わせてみたりしましたが、残念ながらできませんでした。

(画面のように下部にアプリ・バーが表示されるくらいの変化のみ)
Win8_OLsafemode00


A. [ファイル名を指定して実行] から起動する方法

従来からも利用できていましたが、やや入力する手間などがかかる方法です。


[ファイル名を指定して実行] ウィンドウを起動する

<デスクトップ画面からの操作(キーボードのショートカットを利用する方法)>

1. [Windows] キー+[R] を押し、[ファイル名を指定して実行] ウィンドウを表示します。

Win8_OLsafemode01



<デスクトップ画面からの操作(マウスのみの操作)>

1. 画面の左下の角にマウスを当て、小さなスタート画面(スタートボタン?)を表示します。

一番左下の角にマウスを当てれば、スタート画面を表示しなくても OK です。

Win8_OLsafemode04



2. そのまま右クリックして、管理メニューを表示します。

Win8_scanpst01



3. メニューの中から [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

Win8_OLsafemode03



<デスクトップ画面からの操作(タッチ操作)>

1. 画面の右端から左に向かってスワイプ(エッジスワイプ)し、チャームを表示します。

Win8_OLsafemode05



2. [検索] をタップします。

Win8_OLsafemode06

3. 検索チャームではない左側の何もないところをタップします。

Win8_OLsafemode07



4. (画面を左にスワイプするなどして)一番右端にある [ファイル名を指定して実行] をタップします。

Win8_OLsafemode08


B. セーフモードで起動する

1. [ファイル名を指定して実行] 画面の [名前] の欄に、以下を入力して [OK] をクリックします。

outlook /safe
(kと/の間に半角スペース /とsの間にはスペース不要)

Excel の場合:excel /safe
Powerpoint の場合:powerpnt /safe
Word の場合:winword /safe

Win8_OLsafemode09



2. プロファイルの選択画面が表示される場合は、起動したいプロファイルを選択して、[OK] をタップ(クリック)します。(本画面は Outlook の場合のみ表示されます)

Win8_OLsafemode10



3. Outlook がセーフモードで起動できました。

Win8_OLsafemode11


B. ショートカットからの起動方法

これまでの OS では、Ctrl キーを押しながらショートカットアイコンをクリックすることでも起動できて、こちらのほうが簡単なのですが、Windows 8 にはスタートボタンがないため、スタートメニューからの起動が初期状態ではできません。

ただ、デスクトップにショートカットアイコンを置けば、以下の手順でセーフモードでの起動が可能です。

なお、デスクトップにショートカットアイコンを作る方法は、こちら



1. Ctrl キーを押しながら、ショートカットアイコンをダブルクリックします。

Win8_OLsafemode12



2. 確認画面が表示されるので、[OK] をタップ(クリック)します。

Win8_OLsafemode13



3. プロファイルの選択画面が表示されるので、起動したいプロファイルを選択して、[OK] をタップ(クリック)します。
(本画面は Outlook の場合のみ表示されます)

Win8_OLsafemode10



4. Outlook がセーフモードで起動できました。

Win8_OLsafemode11

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

よくわかる!受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)の実行方法<Windows 8 編>

概要 Outlook を使用していると、さまざまな原因でメールデータなどを格納しているデータファイ

記事を読む

Windows 8 で アプリケーション(Outlook / Excel / Word 等)のショートカットを作る方法

概要 Windows 8 はスタートボタンがないなど、従来の Windows OS とは UI

記事を読む

Windows 8 の発売日決定+Win 8 まとめ

概要 待望の Windows 8 発売日が 2012年 10月 26日(金)に決定しました!

記事を読む

Windows 8 で Outlook のプロファイルを作成する方法

概要 まもなく Windows 8 が発売されます。 Windows 8 はスタートボタンが

記事を読む

PAGE TOP ↑