]

複数台の PC またはメールソフトで、同じメールアドレス宛のメールを受信したい

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 ■メール送受信関連

概要

通常のメールソフトの初期設定では、メールを受信した後に受信したメールをメールサーバーから削除するような設定になっています。

そのため、一つのメールソフトでメールを受信すると他のメールソフトでは同じメールを受信できません。

複数台の PC またはメールソフトで、同じメールアドレス宛のメールを受信したい場合、両方の PC またはメールソフトにて「サーバーにメールを残す」設定をすることにより同じメールを受信できるようになります。


対象製品

ほぼすべてのバージョンの製品


sponsored link




対処方法

Outlook の場合は、以下の設定方法で行います。

1. [ツール] – [アカウント設定] の順番にクリックします。

<Outlook 2003 以前のバージョン>

続けて [既存の電子メールアカウントの表示と変更] にチェックがついている状態で、[次へ] をクリックします。

<Outlook 2010 の場合>

[ファイル] – [アカウント設定] – [アカウント設定(A)] の順番にクリックします。

2. [名前] の欄に書かれている、設定したいメールアカウント(おそらくメールアドレス名になっていると思われます)をダブルクリックします。

3. 右下の [詳細設定] をクリックします。

4. [詳細設定] タブをクリックします。

5. [配信] の項目内にある、[サーバーにメッセージのコピーを置く] にチェックを入れます。

※上記の設定を行うと、受信するメールの通数が多い場合、受信後もサーバーにメールがそのまま残り、新たなメールが受信できなくなってしまうケースも考えられます。

そのため、あわせてその下の以下の設定も行うことをお勧めします。

・サーバーから削除する ○日:チェックする(日数は任意)
・ [削除済みアイテム] から削除されたら、サーバーから削除:チェックする

6. [OK] をクリックします。

7. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

8. [閉じる] をクリックして、アカウント設定の画面も閉じます。

なお、上記設定は両方のメールソフトに同じ設定を行う必要がありますので、必ずもう一方のメールソフトにも同じ設定を行ってください。



他のメールソフトが Outlook Express や Windows メール の場合は、以下の手順で設定を行います。

1. [ツール] – [アカウント] の順番にクリックします。

2. [メール] タブをクリックします。

3. [アカウント] の欄に書かれている、設定したいメールアカウント(おそらく受信メールサーバー名になっていると思われます)をダブルクリックします。

4. [詳細設定] タブをクリックします。

5. [配信] の項目内にある、以下の設定を行います。

・サーバーにメッセージのコピーを置く:チェックする
・サーバーから削除する ○日:チェックを入れます(日数は任意)
・ [削除済みアイテム] から削除されたら、サーバーから削除:チェックする

6. [OK] をクリックします。

7. [閉じる] をクリックして、アカウント設定の画面も閉じます。

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Outlook 2010 自動アカウント設定

[0L2010] メールの自動アカウント設定をする方法

概要 Outlook 2010 でメールアカウントを設定する場合、メールアドレスの種類により手

記事を読む

Outlook 2010 手動アカウント設定

[0L2010] メールの手動アカウント設定をする方法

概要 Outlook 2010 でメールの自動アカウント設定が利用できるアカウントの種類は限定

記事を読む

Outlook 2010 下書きについて

[OL2010] 下書きに保存する方法 3種と自動保存の設定

概要 メールの作成の途中で、一旦保存しておきたいことがあると思います。 Outlook

記事を読む

Outlook 2010 メールの新規作成・返信・転送

[OL2010] メールの作成・返信・転送方法 各3種+α

概要 Outlook 2010 に限らず、様々なアプリケーションでよく使用する操作を行うには、

記事を読む

Outlook 2010 で「0x8004010F」のエラーが表示されて送受信できない

概要 Outlook 2010 で送受信を行った際に、「0x8004010F」のエラーが表示さ

記事を読む


PAGE TOP ↑