]

[OL2010] 送信ボタンを押した後、すぐにメールを送信しないようにする 2つの方法

概要

メールを作成した後、送信ボタンをクリックすると通常はすぐに送信されます。

しかし、送信ボタンを押した後に、ちょっとしたミスなどに気づくことも結構あります。

そのようなケースを考慮し、送信ボタンを押した後も、すぐに送信されないように設定することが可能です。

今回は送信ボタンを押した後、すぐにメールを送信しないようにする方法をご紹介します。


対象製品

Outlook 2010


sponsored link




送信ボタンを押した後、すぐにメールを送信しないようにする方法

送信ボタンを押しても、すぐにメールを送信しないようにする方法は、以下の 2つがあります。


すぐに送信しないようにする設定

1. リボンの [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

2. [オプション] の画面で [詳細設定] の項目をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

3. 右側の画面を下にスクロールして、「送受信」の項目の [接続したら直ちに送信する] のチェックを外し、[OK] で閉じます。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

この設定をオフにすると、送信ボタンを押してもすぐ送信されず、[送信トレイ] に残ります。そして、Outlook が自動送受信を行うタイミング(または手動で送受信を行ったタイミング)で送信が行われます。

ただ、自動送受信の間隔を短くしている場合は、すぐに送られてしまう可能性もあります。

そのため、確実に数分間送信されないようにしたい場合は、次の設定を行います。


ルールで送信タイミングを設定する

1. リボンの [ホーム] タブにある [ルール] をクリックし、[仕訳ルールと通知の管理] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

2. [仕訳ルールと通知] の画面の [新しい仕訳ルール] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

3. [自動仕分けウィザード] の「新しい仕訳ルールを作成する」の「送信メッセージにルールを適用する」をクリックし、[次へ] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

4. 次からの設定は、すべてのアカウントに対する設定か、特定のアカウントのみに対する設定かで条件が変わります。

===============================================
<すべてのメールアカウントで同様の設定をしたい場合>

「ステップ 1」の画面では何も設定せず、そのまま [次へ] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

「この仕訳ルールはすべての(送信メッセージ)に適用されます。よろしいですか?」の画面も、そのまま [はい] をクリックします。5.に進みます。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

===============================================

<特定のアカウントのみに設定したい場合>

「指定されたアカウント」にチェックをつけ、下の「ステップ 2」の「指定された」の文字をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

アカウントの選択画面が表示されたら、プルダウンから設定したいアカウントを選択して [OK] をクリックします。戻った画面も [次へ] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定
Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

===============================================

5. 「ステップ 1」で「指定した時間 分後に配信する」にチェックをつけ、下の「ステップ 2」で「指定した時間」の文字をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

6. 「配信時間の設定」の画面で、何分後に送信したいかを設定し、[OK] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

7. 戻った画面も [次へ] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

8. 例外条件を設定したい場合は設定し(基本的には必要ありません)、[次へ] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

9. 「ステップ 1」の項目に「送信待機 5分」などわかりやすい名前を付けて、[完了] をクリックします。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

9. 仕訳ルールが設定されたのを確認したら、[OK] で画面を閉じます。

Outlook 2010 すぐに送信されないようにする設定

これで送信ボタンを押した後も、設定した分数の「送信トレイ」にメールが残りますので、ミスを発見した後も修正が可能です。



なお、送信ボタンを押して送信トレイに入ったメールを修正後、再度送信ボタンを押したときには、タイミングによってはすぐに送信されてしまうこともありますので、注意しましょう。(送信トレイに入っているメールを直接編集している形なので、送信トレイに入っていた分数で判断しているのかもしれません)


 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Outlook 2010 返信・転送時の引用とインデント設定

[OL2010] 返信・転送時の引用とインデント設定

概要 Outlook 2010 では、初期状態ではメールを返信や転送した際に、引用部分がにイン

記事を読む

Outlook 2010 下書きについて

[OL2010] 下書きに保存する方法 3種と自動保存の設定

概要 メールの作成の途中で、一旦保存しておきたいことがあると思います。 Outlook

記事を読む

Outlook で 0x80042108 / 0x80042109(0x8004210A / 0x8004210B)のエラーが表示されて送受信できない(IPv6)

概要 Outlook で急に 0x80042108 / 0x80042109(0x800421

記事を読む

「送信トレイ」に残ったメールが削除できない

概要 添付ファイルの容量が大きいなどの原因によりメールが送信できず、「送信トレイ」に送信メール

記事を読む

Outlook 2010 BCCでの送信方法

[OL2010] BCC でのメール送信方法(BCC 欄の表示方法)

概要 メールを送る場合、CC(カーボンコピー)や BCC(ブライドカーボンコピー)に他の関係者

記事を読む

PAGE TOP ↑