]

[OL2010] Outlook 2010 のオートコンプリート(宛先の候補)情報を移行する方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/10 ■データ移行 ,

概要

Outlook 2007から2010 オートコンプリートの移行

メールや会議出席依頼などで宛先を入力して送信すると、次回から先頭の一文字を入力するだけで該当する候補が表示されるようになる機能を「オートコンプリート」と呼んでいます。

このオートコンプリートの情報は、リカバリをした際に復元したり、別の PC に移行することができます。



ただ、この情報は Outlook 2007 以前と 2010 以降で保存方法が変わりました。

Outlook 2007 以前では「NK2 ファイル(ニックネームファイル)」というファイルに保存されていましたが、Outlook 2010 以降では pstファイルに保存されるようになっています。(Exchange 環境の場合は、サーバー上に保存されます)

そのため、移行する方法も大きく変わってきます。

今回は、Outlook 2010 のオートコンプリートの情報を 別 PC の Outlook 2010 に移行する方法をご紹介します。(もちろん、同一 PC の他のプロファイルに移行することも可能です)

(Outlook 2007 以前のデータを Outlook 2010 へ移行する方法はこちら


対象製品

Outlook 2010


sponsored link




Outlook 2010 のオートコンプリートの情報を 別 PC の Outlook 2010 に移行する方法

Outlook 2010 以降のアプリケーションの場合、pst ファイルにオートコンプリートの情報が保存されていると Microsoft の公式サイトには記載されているのですが、単に pst ファイルをインポート等してもオートコンプリートの情報は移行できません。

また、前述のように NK2 ファイルもありませんので、簡単には移行ができません。

そのため、オートコンプリートの情報を移行するには、別途無料のサードパーティ製プログラムを利用する必要があります。(Microsoft にしては珍しく、公式に他社のツールの利用を推奨しているようです)

■MFCMAPI
http://mfcmapi.codeplex.com/

この「MFCMAPI」というツールは、オートコンプリートの移行用のツールというのではなく、通常外部から簡単に操作できない MAPI 関連のデータを個別に色々操作できるようにするツールのようです。



このツールを使った大まかな移行手順は以下の通りです。

1. 「MFCMAPI」をダウンロードして起動する
2. 移行元の Outlook 2010 から「MFCMAPI」を使用してオートコンプリートの情報を抽出する
3. 移行先の Outlook 2010 に「MFCMAPI」を使用してオートコンプリートの情報をインポートする

なお、検証した限りでは、移行先の Outlook にすでにオートコンプリートの情報がある場合は、この情報が消えてしまいますので注意しましょう。(マージ(統合)する方法は不明です)


Outlook の bit 数を確認する

まず、「MFCMAPI」をダウンロードしますが、その前に Outlook の bit 数によって利用する「MFCMAPI」も異なるため、Outlook のバージョンを確認します。(OS の bit 数は関係ありません)

1. [ファイル] タブをクリックし、[ヘルプ] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

2. 画面右の「Microsoft Outlook のバージョン情報」の欄にある、バージョンの項目に「(32 ビット)」「(64 ビット)」のいずれが記載されているか確認します。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行


「MFCMAPI」をダウンロードして起動する

次に、「MFCMAPI」をダウンロードします。

1. 以下のサイトにアクセスします。

■MFCMAPI
http://mfcmapi.codeplex.com/

2.
<Outlook のバージョンが 32 ビットの場合>
画面右の [download] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

<Outlook のバージョンが 64 ビットの場合>
上部のメニューから [DOWNLOADS] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

開いたページのリストの中から「MFCMAPI 64 bit executable」と書かれている項目をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

3. ダウンロードの画面が表示されますので、デスクトップなどに保存します。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

4. 保存した zip ファイルを右クリックし、[すべて展開] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

5. デスクトップなどを指定して、[展開] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

6. 展開したフォルダが開きますので、[mfcmapi.exe] をダブルクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

7. セキュリティの警告画面が表示されたら、[実行] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

8. MFCMAPI が起動します。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行


移行元の Outlook 2010 から「MFCMAPI」を使用してオートコンプリートの情報を抽出する

MFCMAPI で Outlook 2010 からオートコンプリートの情報を抽出します。

1. MFCMAPI が起動したら Usage notes が表示されていますので、[OK] で閉じます。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

2. 上部メニューの [Session] から [Logon…] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

ここで、以下のようなエラーが表示されたら、ビット数が異なっている可能性がありますので、今一度 Outlook のビット数と MFCMAPI のビット数を確認してください。(ビット数の違いでよく表示されるエラーです)

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行
既定のメールクライアントが設定されていないか、または現在使用されているメールクライアントがメッセージングの要求を実行することができません。Outlookを実行して、既定のメールアカウントとして設定してください。



3. プロファイルの画面を選択する画面が表示されますので、オートコンプリートのデータを抽出したいプロファイル名をプルダウンで選択し、[OK] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

4. [Display Name] の欄にデータファイルが表示されますので、[Default Store(既定のデータファイル)] が [True] になっている項目をダブルクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

5. 新規ウィンドウが開きますので、左のウィンドウ内の [Root Container(または[ルート – メールボックス])] の左の「▽」をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

6. 左の項目から [Outlook データファイル(または [IPM_SUBTREE])] の左の「▽」をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

7. さらに展開した項目の中から、[受信トレイ] を右クリックし、[Open asociated contents table] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

8. 開いたウィンドウの上部に並ぶコンテンツの中に [Subject] が [IPM.Configuration.Autocomplete] と書かれている項目がありますので、これを右クリックし、[Export Message] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

9. 保存画面が表示されたら、[Format to saving message] の項目から [MSG file (UNICODE)] を選択し、[OK] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

10. 保存先を選択して、[保存] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

11. 確認画面が表示されたら、[OK] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

12. もう一度ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリックします。MFCMAPI の画面も閉じます。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行


移行先の Outlook 2010 に「MFCMAPI」を使用してオートコンプリートの情報をインポートする

最後に、移行先の Outlook にオートコンプリートの情報を移行します。

1. 移行先の PC で MFCMAPI を起動します。起動したら Usage notes が表示されていますので、[OK] で閉じます。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

2. 上部メニューの [Session] から [Logon…] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

3. プロファイルの画面を選択する画面が表示されますので、移行したいプロファイル名を選択し、[OK] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

4. [Display Name] の欄にデータファイルが表示されますので、移行先のデータファイル名をダブルクリックします。(基本的には [Default Store(既定のデータファイル)] が [True] になっている項目でOKです)

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

5. 新規ウィンドウが開きますので、左のウィンドウ内の [Root Container(または[ルート – メールボックス])] の左の「▽」をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

6. 左の項目から [Outlook データファイル(または [IPM_SUBTREE])] の左の「▽」をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

7. さらに展開した項目の中から、[受信トレイ] を右クリックし、[Open asociated contents table] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

8. このままインポートすると重複するため、開いたウィンドウの上部に並ぶコンテンツの中に [Subject] が [IPM.Configuration.Autocomplete] と書かれている項目があったら、右クリックして [Delete message] をクリックします。

※移行先の Outlook にすでにオートコンプリートの情報がある場合は、この情報が消えてしまいますので注意しましょう。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

9. 確認画面が表示されたら、[OK] をクリックします。

10. [Subject] が [PIM.Configuration.Autocomplete] の項目が消えたら、インポートを行います。

上部メニューから [Folder] をクリックし、[Import]-[From MSG] の順にクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

11. 先ほど抽出したファイルを選択し、[開く] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

12. 確認画面で [Load style] が [Load message into current folder] になっているか確認し、[OK] をクリックします。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行

13. インポートが完了しました。MFCMAPI の画面も閉じます。

Outlook 2010から2010 オートコンプリートの移行



■参考 URL
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2679568/ja

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Outlook の連絡先を Windows Live メールのアドレス帳に移行する方法

概要 Outlook の連絡先を Windows Live メールのアドレス帳に移行したい場合

記事を読む

Windows Live メール 2011 のメールデータを同一 PC の Outlook に移行する方法

概要 一般的にメールデータを移行する場合は、移行先のアプリケーションからインポートすることが多

記事を読む

Windows Live メールのアドレス帳を Outlook に移行する方法

概要 Windows 7 が発売されてから、OS にプリインストールのメールソフトはなくなりま

記事を読む

Outlook のメールデータを Windows Live メールに移行する方法(Windows XP/Vista・同一 PC 内の場合)

概要 Outlook のデータを Windows Live メールに移行したい場合、同じ Mi

記事を読む

Outlook のデータバックアップ方法

概要 PC のリカバリやメンテナンスなどの理由で Outlook のデータをバックアップする場

記事を読む

PAGE TOP ↑