]

新しく生まれ変わった!? “Office 365 Solo” と “Office 365 Premium” まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/04/26 ■Update

OFF365Survice_img

概要

2014/10/17に “Office 365 Solo”“Office 365 Premium” が発売されました。

ただ、少々誤解されやすいと思うのですが、決して「新しい Office のバージョンが発売された」訳ではありません。「新製品」というより、「新商品」「新サービス」というほうがよりイメージ的に伝わりやすいかと思います。

今回はこれらの商品について、簡単に説明したいと思います。

製品

“Office 365 Solo”、”Office 365 Premium”


sponsored link


Office 365 とは?

まず、そもそも “Office 365” とは何?、という点について簡単に説明します。

“Office 365” とは主に企業ユースに向けて以前から提供されている Microsoft のクラウドサービスで、以下のようなサービスが利用できます。

Office 製品(Word や Excel などのクラウド版)
SharePoint Online(ファイル・ナレッジ共有)
Exchange Online(メールサービス)
Lync Online(メッセンジャー)
Yammar(ソーシャルサービス)

今回発売した “Office 365 Solo” と “Office 365 Premium” は、このサービスとは異なり、デスクトップ版 Office 製品と主に個人ユースで利用される Microsoft のクラウドサービスの一部を特典付きで利用できるものと考えてもらえればいいと思います。

 

従来のデスクトップ製品との違いは?

次に “Office 365 Solo” と “Office 365 Premium” が従来のデスクトップアプリケーションとしての “Microsoft Office” との違いが何かを簡単にまとめてみます。

基本的に根本的なサービスのコンセプトが異なるので、ひとくくりでまとめるのはやや無理があるのですが、ざっくりとイメージがわかるように比較すると、以下のような感じになると思います。

OFF365Survice※クリックで拡大します。

 

“Office 365 Solo” と “Office 365 Premium” はお得なのか?

今回の新商品は、従来のデスクトップ製品と比べてお得なのでしょうか。

“Office 365 Solo” の場合、「使い方によってはお得」と言えるかもしれません。

明らかにお得になるケースとしては、以下のような場合があげられるでしょう。

・Windows と Mac で Office をそれぞれ同時に利用したい場合
⇒これまでは別々に購入する必要があった
・電話サポートを頻繁に利用する場合
⇒Office のプレミアムソフトウェアサポート(基本的なテクニカルサポート 14,500 円/年相当)を回数無制限で利用できる
・電話料金を少しでも節約したい場合
⇒Skype の無料通話の特典あり(日本の場合固定電話のみ)
・オンラインストレージへ大量に保管したい場合
⇒OneDrive が容量無制限

上記のように Win+Macユーザー、およびサポートを利用する頻度が高い人にとっては、Office Solo の支払いで十分以上にペイすることがわかると思います。(年間一括払いの場合は、逆に年間契約のサポート料金より安い)

ただ、Win または Mac のみのユーザー、サポートを利用しなかったり、PC も Office 製品も同じバージョンを使い続けたいユーザーにとっては、それほど魅力的な商品ではないかもしれません。そういう方については、従来のデスクトップ製品の発売も継続するようですので、そちらを購入するのがベターだと思います。

一方、“Office 365 Premium” については、Win+Mac の同時利用を除いた ”Solo” と同等のメリット(ただし、こちらは1年間限定)に加え、以下の点で大きなメリットがあると言えます。

・無償で次期製品にアップグレードできる
・利用期間制限がない

ただ、”Premium” の場合は、ライセンス的に購入した PC 1台でしか利用できないため、その PC を利用する間だけという制限が付くことになります。OS 自体にもサポート期限がありますし、物理的にも同じ PC を何年利用できるかという点を考えると、思ったよりも長い期間のアドバンテージとは言えないかもしれませんね。

それぞれ、メリット・デメリットがあるとはいえ、アップルなどを積極的に巻き込んでいくマルチデバイス戦略など、新CEO であるサティア・ナデラ氏の意志を濃く反映したユニークなサービスではないか思います。Office 製品自体には目新しさがないため、一気に広がってはいないようですが、プリインストールに組み込まれていることを考え合わせても、今後着実にユーザーは増えていくのではないかと思われます。

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

World IPv6 Day(0x80042108 / 0x80042109 で送受信不可の可能性)

概要 日本時間の 2011年 6月 8日(水)午前 9時から翌 9日(木)午前 8時59分まで

記事を読む

Office for Mac 2011 評価版の提供開始!

概要 2011年1月26日に Office for Mac 2011 の評価版が提供開始されま

記事を読む

Office 2013 Customer Preview のリリース

概要 「Office 15」の名前で開発されていた次期 Office ですが、とうとう 201

記事を読む

Windows 8 Release Preview に Office をインストールしてみた

概要 2012/05/31 に Windows 8 Release Preview (プレリリ

記事を読む

Windows Live Essentials 2011 の Windows Update 自動配信

概要 先日 Windows Live Essentials 2010 が正式リリースされたこと

記事を読む

PAGE TOP ↑