]

「作業ファイルを作成できません。環境変数 TEMP の設定を確認してください。」のエラーが表示される

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 ■起動関連

概要

Outlook に限らず、Excel や Word 等、他の Office 製品でも起動時、または送受信時等の何らかの作業を行うと以下のエラーが発生することがあります。


「作業ファイルを作成できません。環境変数 TEMP の設定を確認してください。」

また、同様の原因で Excel 等で以下のようなエラーが表示されることもあります。

「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。不用なブックやプログラムを閉じて、メモリの空き容量を増やしてみてください。ディスクに保存されている不要なファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やしてみてください。」

原因

何らかの原因で環境変数 TEMP の保存先(一般的にアプリケーションが一時的な作業用のファイルを作成する場所)のパスが変更されたために発生します。

この設定を元に戻すことでエラーを回避できる可能性があります。

対象製品

主に Outlook 2007 以降の製品


sponsored link


対処方法

まず、問題となる環境変数 TEMP のパスを、Internet Explorer の設定で確認します。

A. Internet Explorer の設定確認

1. Internet Explorer を起動します。

2. [ツール] – [インターネットオプション] の順にクリックします。
 ([ツール] の項目が見当たらない場合は、キーボードの [Alt] キーをクリックします。)

3. [閲覧の履歴] の項目内にある [設定] をクリックします。

4. [インターネット一時ファイルと履歴の設定] 画面の真ん中にある [現在の場所] のパスを見て、以下のパスになっているか確認します。

<Windows Vista/7>
C:Users(Windows ユーザー名)AppDataLocalMicrosoftWindowsTemporary Internet Files

<Windows XP>
C:Documents and Settings(Windows ユーザー名)Local SettingsTemporary Internet Files

上記のパスになっていない場合、以降の手順で元のパスに戻します。パスが正しい場合は、■B. に進みます

5. 隠しフォルダを表示するように設定変更します。上記の画面を開いたまま、以下の作業を行います。


<Windows Vista/7>

a. [スタート] – [ドキュメント] – [整理] – [フォルダーと検索のオプション] の順にクリックします。

b. [表示] タブをクリックし、[詳細設定] の [ファイルとフォルダーの表示] の項の [隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する] にチェックします。
c. [OK] でフォルダーオプションの画面を閉じ、[ドキュメント] の画面も閉じます。


<Windows XP>

a. [スタート] – [マイドキュメント] – [ツール] – [フォルダーオプション] の順にクリックします。

b. [表示] タブをクリックし、[詳細設定] の [ファイルとフォルダーの表示] の項の [すべてのファイルとフォルダを表示する] にチェックします。
c. [OK] でフォルダーオプションの画面を閉じ、[マイドキュメント] の画面も閉じます。

6. [インターネット一時ファイルと履歴の設定] 画面の [フォルダーの移動] をクリックします。

7. [フォルダーの参照] 画面が表示されたら、以下の順に辿り、一番下のフォルダをクリックして、[OK] をクリックします。


<Windows Vista/7>

 ▼C:
  ▼Users
   ▼(Windows ユーザー名)
    ▼AppData
     ▼Local
      ▼Microsoft
       ▼Windows


<Windows XP>

 -C:
  -Documents and Settings
   -(Windows ユーザー名)
    -Local Settings



8. 戻った画面で、[現在の場所] のパスが 4.のパスになっているか確認し、問題なければ [OK] で閉じます。

9. ログオフを促されますので、ログオフします。

10. 再度自分のユーザーでログオンし、該当のアプリケーションを起動して動作を確認します。



問題が改善しない場合、または 4. の時点でパスに問題がない場合は、以下の設定を引き続き確認します。

B. レジストリ内の設定を確認

以下の手順でレジストリを確認します。

※注意※
以下の操作は Windows 内のレジストリの操作を伴うため、操作を間違うと Windows 自体が起動しなくなるなどのケースが発生する可能性があります。そのため、あくまでも自己責任で行っていただくようお願いします。

1. レジストリエディタを開きます。

<Windows XP の場合>
[スタート] – [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

regedit_XP_01

<Windows Vista・7 の場合>
[スタート] – [すべてのプログラム] の順にクリックします。

regedit_7_10

[アクセサリ] の中から、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

regedit_7_11

2. 名前の欄に「regedit」と入力して、[OK] キーを押します。
regedit_XP_02

3. Windows Vista・7 でユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、[はい] をクリックします。

regedit_7_02

4. レジストリエディタが起動します。

regedit_7_03

5. 以下の順に項目をダブルクリック、または項目左の白い “▽”(XP の場合は “+”)をクリックして下に展開していきます。

 ▼HKEY_CURRENT_USER
  ▼Software
   ▼Microsoft
    ▼Windows
     ▼CurrentVersion
      ▼Explorer
        User Shell Folders

6. [User Shell Folders] を右クリックして、[エクスポート] をクリックします。デスクトップ等を指定して、任意の名前で保存します。

7. 画面右側に表示される項目の中の [Cache] をダブルクリックします。

8. [値のデータ] 欄に記載されているパスを確認し、以下になっていない場合は、書き換えて [OK] をクリックします。

<Windows Vista/7>
%USERPROFILE%AppDataLocalMicrosoftWindowsTemporary Internet Files

<Windows XP>
%USERPROFILE%Local SettingsTemporary Internet Files

9. レジストリエディタも [×] で閉じます。

10. 再起動が促されますので、PC を再起動します。

11. 再起動が終わったら、該当のアプリケーションを起動して動作を確認します。

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

初回起動は問題ないが、二回目以降にエラーも表示されず、起動できない

概要 PC 起動後の初回起動は問題なく Outlook が起動できるけれど、一旦 Outloo

記事を読む

「Microsoft Exchange への接続が利用できません」のエラーが表示されて、Outlook が起動できない

概要 一般的なプロバイダやフリーメールなどを Outlook に設定をしたが、その後以下のエラ

記事を読む

Outlook の画面の色が変わり、表示がおかしい

概要 Outlook の通常の画面は以下のような感じです。(画面構成は若干異なる場合もあります

記事を読む

「Microsoft Office Outlook を起動できません。Outlook ウィンドウを開けません。」のメッセージがでて起動できない

概要 Outlook 2007 の起動時に、以下のメッセージのみが表示されて起動できない場合、

記事を読む

Windows Live メールのアドレス帳を Outlook に移行する際に「姓」「名」が逆になる場合の対処方法

概要 同一 PC や他の PC からアドレス帳を引き継ぐことはよくあります。 Windo

記事を読む


PAGE TOP ↑