]

「Microsoft Exchange への接続が利用できません」のエラーが表示されて、Outlook が起動できない

公開日: : 最終更新日:2015/05/03 ■起動関連

概要

一般的なプロバイダやフリーメールなどを Outlook に設定をしたが、その後以下のエラーが出て起動ができないということがあります。

Microsoft Exchange への接続が利用できません。この処理を完了するには、Outlook をオンラインで使用するか、Microsoft Exchange に接続する必要があります。


原因

アカウントの初期設定時に誤って Exchange を設定してしまったために発生します。

一般的なプロバイダやフリーメールなどで、POP や IMAP などの接続を利用している場合、Exchange の設定を利用することはできません。

※実際に Exchange Sever への接続を利用している方は、この対処方法は該当しません。


対象製品

Outlook 2007・Outlook 2010


sponsored link


対処方法

以下の手順で Outlook のプロファイルを新規作成し、アカウント設定も作り直します。

1.
<Vista および Windows 7 の場合>

[スタート] – [コントロールパネル] – [ユーザーアカウント(と家族のための安全設定)] – [メール] の順番にクリックします。
(Vista で、クラシック表示の場合は [コントロールパネル] – [メール] の順番にクリックします。)

<Windows XP の場合>

[スタート] – [コントロールパネル] – [ユーザーアカウント] – [メール] の順番にクリックします。
(クラシック表示の場合は [コントロールパネル] – [メール] の順番にクリックします。) 

2. [メール設定] の画面で [プロファイルの表示] をクリックします。

3. [このコンピューターにセットアップされたプロファイル] の下の欄にあるプロファイル名(初期状態では [Outlook])を選択して、[削除] をクリックします。

※プロファイルが複数あって、正常に利用できているものがある場合は、正常に起動できないプロファイルのみ削除します。

4. 確認画面が表示されたら、[はい] をクリックします。

5. プロファイルが削除されたのを確認したら、[追加] をクリックします。

6. 任意のプロファイル名を 1バイト文字(半角英数字)で入力し、[OK] をクリックします。(2 バイト文字(全角文字)にすると不具合が発生する場合がありますので、避けます)

7. 「自動アカウントセットアップ」が利用できるプロバイダを使用している場合は、そのまま名前、メールアドレス、パスワードを入力して、[ 次へ ] をクリックします。

Outlook自動アカウント セットアップ 国内対応プロバイダ一覧
http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook-help/HA101817711.aspx
⇒現在ページが削除されているようです
 (主な ISP として、OCN/@nifty/Biglobe/ぷらら/Yahoo! BB などは利用可能です(Gmail/Yahoo!/HotmilやOutlook.com などの主要フリーメアドもOK))

0x8004010f_04

対応していない場合は、以下のチェックをつけて、[OK] をクリックします。

<Outlook 2007>
[サーバー設定または追加のサーバー設定を手動で構成する]

<Outlook 2010>
[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)]

0x8004010f_07

続けて [インターネット電子メール] にチェックをつけて、[ 次へ ] をクリックします。(作業は 9.へ進みます)

0x8004010f_08



8. 自動的にプロバイダーのサーバー情報を取得して、アカウント設定を行います。正常に完了したら、[完了] をクリックして、13.に進みます。

0x8004010f_05



9. 手動設定に進む場合は、[自分で電子メールを設定する(手動設定)] にチェックして、[ 次へ ] をクリックします。

0x8004010f_06



10. プロバイダ等の推奨設定内容に従って各種項目を設定し(「詳細設定」の項目も設定します)、[ 次へ ] をクリックします。

0x8004010f_12



11. アカウント設定のテストが実行されますので、正常に完了したら、[閉じる] をクリックします。正常に完了しない場合は、再度設定内容を見直します。

0x8004010f_13



12. [ 完了 ] をクリックします。

13. プロファイルの設定画面に戻るので、[常に使用するプロファイル] の右にチェックをつけます。

14. [常に使用するプロファイル] の下の [▼] をクリックして、新しいプロファイル名を選択し、[OK] をクリックします。他の画面もすべて閉じます。

15. Outlook が起動できるか確認します。

 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Outlook の画面の色が変わり、表示がおかしい

概要 Outlook の通常の画面は以下のような感じです。(画面構成は若干異なる場合もあります

記事を読む

Outlook の起動時に毎回「ユーザーアカウント制御」が表示される

概要 Outlook を起動しようとすると、下記のように毎回「ユーザーアカウント制御」の画面が

記事を読む

エラーが表示されず、起動できない

概要 Outlook を起動しようとしてアイコンをクリックしても、何の反応もなく起動できないこ

記事を読む

Windows Live メールのアドレス帳を Outlook に移行する際に「姓」「名」が逆になる場合の対処方法

概要 同一 PC や他の PC からアドレス帳を引き継ぐことはよくあります。 Windo

記事を読む

「作業ファイルを作成できません。環境変数 TEMP の設定を確認してください。」のエラーが表示される

概要 Outlook に限らず、Excel や Word 等、他の Office 製品でも起動

記事を読む

PAGE TOP ↑