]

[OL2010] 署名のデータを移行(バックアップ・復元)する方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 ■データ移行 , , ,

概要

Outlook 2010 の署名のデータは、個人用データファイル(pst ファイル)には保存されておらず、別途ファイル等の形で保存されています。

そのため、pst ファイルのデータを移行しただけでは復元できません。

ただ、バックアップや復元の仕方は非常に簡単ですので、複数ある場合は新たに作り直すより楽です。(1つしかないような場合は、前のメールからコピーして作り直したほうが早いですが)

今回は Outlook 2010 の署名データを移行する方法をご紹介します。


対象製品

Outlook 2010


sponsored link




Outlook 2010 の署名のデータを移行する方法

署名のデータは、プログラム関連のデータが含まれている隠しフォルダ以下に存在します。

そして、そのデータをそのままバックアップし、移行先に貼り付けさえすれば移行ができます。

署名のデータをバックアップし、それから別 PC に移行する手順を順に記載します。


Outlook 2010 の署名のデータをバックアップする

まず、署名のデータをバックアップします。

1. 以下の手順で、署名のデータが入っているフォルダの手前まで開きます。

<Windows Vista・7 の場合>
[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

Outlook 2010 署名の移行

<Windows XP の場合>
[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

Outlook 2010 署名の移行

2. [ファイル名を指定して実行] の画面に以下のパスをコピーして貼り付け、[OK] をクリックします。

%APPDATA%\Microsoft

Outlook 2010 署名の移行

※絶対パスはこちら

3. 署名のデータは、開いたフォルダ内にある「Signature」というフォルダの中に入っていますので、このフォルダを丸ごとコピーし、USB メモリなどに保存します。すべてのプロファイルの署名が、この「Signature」フォルダの中に含まれています。

Outlook 2010 署名の移行

もし、署名ごと個別にバックアップしたい場合は、「Signature」フォルダ内にある署名の名前のファイルとフォルダのみバックアップしてください。通常一つの署名につき、ファイルは 3つ(.htm、.rtf、txt)とフォルダが 1つ作成されていますので、すべてバックアップします。

Outlook 2010 署名の移行



署名のファイルの保存場所(絶対パス)

なお、絶対パスでは、以下の場所にありますので、直接辿っても OK です。(AppData や Apprication Data フォルダは初期状態で非表示になっています)

<Windows Vista・7 の場合>
C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roming\Microsoft\Signature

<Windows XP の場合>
C:\Document and Settings\<ユーザー名>\Apprication Data\Microsoft\Signature


Outlook 2010 の署名のデータを移行(復元)する

署名データを復元するには、バックアップしたファイルを同じフォルダに戻すだけです。

ただ、復元先にすでに署名がある場合は、フォルダごと入れ替えると元からあったデータが上書きされて消失しますので、その場合の手順も紹介します。

1. 移行先の PC で、署名のデータが入っているフォルダの手前まで開きます。

<Windows Vista・7 の場合>
[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

Outlook 2010 署名の移行

<Windows XP の場合>
[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

Outlook 2010 署名の移行

2. [ファイル名を指定して実行] の画面に以下のパスをコピーして貼り付け、[OK] をクリックします。

%APPDATA%\Microsoft

Outlook 2010 署名の移行

3. 開いたフォルダ内に「Signature」フォルダがない場合は、そのままフォルダごと貼り付けて終了です。

「Signature」フォルダがある場合は、「Signature」フォルダを開きます。

4. 次にバックアップした「Signature」フォルダを開き、移行したい署名のファイルをコピーします。

もし、移行元と移行先の署名の名前を同じにしている場合(「仕事」などよくある名前を付けている場合など)は、そのまま移動するだけでは移行できませんので、こちらを参照してください。

5. Outlook 側の「Signature」フォルダに、移行したい署名のファイルを貼り付けたら完了です。これだけで、署名は Outlook に反映します。

Outlook 2010 署名の移行



<移行先にも全く同じ名前の署名がある場合>

4. バックアップした「Signature」フォルダを開き、移行したい署名のファイルとフォルダ 4つの名前をすべて変更します。この際、フォルダ → ファイルの順に名前を変更します。

例:「仕事」→「仕事2」

Outlook 2010 署名の移行

フォルダをリネームすると以下のアラートが表示されますが、そのまま [はい] で変更します。

Outlook 2010 署名の移行
「このファイルの名前を変更すると、関連付けられた HTML ファイル’○○.htm’が正しく機能しなくなる恐れがあります。~」



5. リネームしたファイルを Outlook 側の「Signature」フォルダに貼り付けます。

6. すべてのフォルダを閉じて、Outlook を起動し、メールの新規作成画面を開きます。

7. リボンから [署名] をクリックし、変更した名前の署名を選択します。

Outlook 2010 署名の移行

8. 以下のようなアラートが表示されますが、[はい] をクリックします。再度表示されたら、同様に [はい] をクリックします。

Outlook 2010 署名の移行
「この Web ページ内のファイルは目的の場所に存在しません。この Web ページをダウンロードする必要がありますか?このドキュメントが信頼できる作成元からの場合にのみ、[はい] をクリックしてください。」



10. これで移行は完了です。


 
SPONSORED LINK

OLNavi_PC用2014

関連記事

Outlook のメールデータを Windows Live メールに移行する方法(Windows 7 ・Thunderbird 経由)

概要 Windows 7 で Outlook のデータを Windows Live メールに移

記事を読む

Outlook のデータバックアップ方法

概要 PC のリカバリやメンテナンスなどの理由で Outlook のデータをバックアップする場

記事を読む

Windows Live メール 2009 のメールデータを同一 PC の Outlook に移行する方法

概要 一般的にメールデータを移行する場合は、移行先のアプリケーションからインポートすることが多

記事を読む

Windows Live メールのアドレス帳を Outlook に移行する方法

概要 Windows 7 が発売されてから、OS にプリインストールのメールソフトはなくなりま

記事を読む

Outlook Express のメールデータとアドレス帳を Windows 7 の Outlook 2007 に移行する方法(移行元の PC に Microsoft Outlook がない場合)

概要 Outlook Express のデータを Windows 7 の Outlook 20

記事を読む

PAGE TOP ↑